駐日フィンランド大使が鳥取県を訪問!サウナでつながった新たな国際交流

test

5月10日、鳥取県ではサウナの本場フィンランドの駐日大使館よりタンヤ・ヤースケライネン大使がご来県!
12日までの3日間の滞在で、鳥取県の現状と施策についての説明と意見交換、県知事との歓談だけでなく
教育現場の視察で県立鳥取西高校を訪問。三徳山登山で、鳥取の自然を楽しんでいただきました。

11日には、鳥取とのご縁つなぎの場所、大山隠岐国立公園内にあるフィンランドサウナNature Sauna」を訪問。
サウナの町として有名になった琴浦町で、駐日大使とゲスト2名が登壇する県民向けの記念講演会が開催されました。
鳥取とフィンランドの両方に共通する、豊かな自然のなかで体験するサウナの魅力について
さらに、フィンランドに倣って一人ひとりが幸福を実感できる地域づくりを考える意義深い1日になりました。

詳細は鳥取県庁より発表のプレスリリース
「駐日フィンランドの来県」